教育・授業方針

教育方針

ワセイクは一人ひとりの学力向上と、豊かな人間性を育みます

何のために勉強するんだろう?
一言でいえば「より良い人生」を送るためです。

1.個性を発揮し、社会で有為な人に!

社会はたくさんの人と人との関わりで成り立っています。皆さんは、いずれ社会に出て何かの職業・仕事につき自分の人生を送ることになります。 良い仕事をするには、「相手の話を間違えずに聞く力」「自分の考えを正確に伝える力」「仕事の手順を考える力」「人の技をまねたり習得していく力」更に「新しいことを創意工夫する力」など、いろいろな「力」 が求められます。

小中高での今の勉強は、皆さんがやがて社会に出て「自分の個性を発揮し」更に知識・技術を習得し、自分に合った「仕事」に就き、その仕事を通して、社会で「有為の人」になるための練習・訓練と言えます。すべての人が社会での役目・使命があります。今は自分の将来はわかりませんが、目の前の現実から逃げず、自分らしく一歩でも二歩でも「前へ進む」ことです。そこから自分の役目・使命が見つかります。今は社会で「生きていく力」をつける大事な基礎作りの時です。

2.困難に負けない自立の人に!

人は誰でも、永い人生では様々な困難・障害に出遭います。それらを乗り越え打ち克っていくには、最後は自分で判断し対処していくことになります。
本来、人は誰でも困難に打ち克つ素晴らしい力を持っていますが、そのままでは発揮できません。

小中高での生活体験・学習体験によって、物事を判断する力の基礎力が身につきます。勉強を通して身につけられる「計算力」「表現力」「調査力」「持続力」などが合わさって「優れた判断力」となり 、さらに「行動力」「行動する勇気」となります。

社会 では、知識・技術のほかに、体験を通し社会人としての「感性」も重要となりますが、小中高の今の勉強は、困難に出遭っても「負けない力」「勇気を出して行動する力」を発揮できる「自立の人」になるための勉強・基礎作りです。

3.夢に挑戦する勇気ある人に!

人は誰でも、成功・失敗はあります。失敗にいちいち失望し、自分の大事な人生を無駄にする必要はありません。今失敗しても次に成功すればよい。今負けても次に勝てばよい。いやなこと・苦しいことがあっても、希望がある限り、希望を忘れない限り行き詰まりはありません。

世の中で成功している人には「不快」を「快」に切り替えたり、今の自分の行動に自信を持ち「楽観的に」物事をとらえて、自分の将来に 「確かな成功イメージ」を持って、目の前の現実に挑戦している人が多いです。

今日の一日に全力投球し、1ミリでも2ミリでも「前進」することです。着実な積み重ねの先に成功・勝利があります。
夢を持てる人・使命を自覚できる人は、自分の可能性を開き才能の芽を大きく伸ばすことができます。
21世紀は君たちの時代です。「夢は大きく現実は着実に」です。他人と比べる必要はありません。希望を持ち、どこまでも自分の可能性を信じ、君だけの夢に向かい、君だけの目標に向かって自分の「夢に挑戦する勇気ある人」になろう。「輝く瞳に栄冠が待っている。」ワセイクは君の未来づくりを全力でサポートします。

授業方針

一人ひとりの可能性を褒めて引き出し、励まして伸ばす。

人は褒められれば喜びとなり、楽しくなり、ヤル気が出る」ことは脳科学上からも認められています。すなわち、ある行動を周囲に認められたり、褒められたりした時、脳内にドーパミンが放出され人は快楽を得ることができ、その快楽を再び得ようと益々そのドーパミンが放出された直前の行動を強化するという、脳には「強化学習」のメカニズムがあると言われています。(茂木健一郎))

小・中・高の学力・人格形成途上の子どもたちは、その性格・学力は千差万別で、問題の理解度・学力の進度もさまざまです。従って、生徒を褒める場合、その子と他人と比べるのではなく、その子自身の「前の自分」と「今の自分」を比べ、そこに努力の跡がみられたり、頑張った結果がみられた場合に 褒めてあげるのが基本であり、重要になります。
学力をはじめとして、性格なども含め、一人ひとりの良い面を探し見つけて「褒める」ことにより、自信となり、ヤル気が出て、可能性を引き出す更なる行動となり、さらに「励ます」ことにより、才能の芽が急速に伸び、生徒は大きく成長します。

今や学習塾は「学力の向上」のみならず、子どもの「心の成長」「人としての成長」という「人格形成」の役目も少なからず存在します。 「褒めて引き出し励まして伸ばす」ということは、子ども達におもねて、子ども達のわがままをそのまま認め、子ども達と同化することではありません。安易な迎合や妥協は、逆に子ども達の学力・性格の成長を妨げる要因となります。

勉強しかできない偏った人間になるのは、本来の教育の目的ではありません。
ワセイクは、厳しさと愛情で子どもの学力を伸ばし人間性を豊かにし、先生も生徒も教室での学習の場を通し、お互いに「人として」共に成長していくことを指針としています。

やる気にならせる10ヵ条

上手な褒め方・励まし方

1.相手の長所を見つけ出そうと意識する。
2.良いところに気がついたら、その場ですぐ褒める。
3.どこがいいのか具体的に褒める。
4.事実を素直に褒める。
5.褒めたことがいかに有益か一言述べる。
6.肩をたたいたり、手を持ったりして褒める。(同性同士の場合)
7.褒めた後に、自分の気持ちを素直に述べる。
8.さらに頑張ろうと励ます。
9.人前で褒める。
10.照れないで褒める。

資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求 お問い合わせ
作文コンクール・オリンピック 優秀作品発表!
  • 講師募集
  • 講師募集
  • 講師募集

安心安全の通塾システム
授業報告メール・授業報告書

お問い合わせはこちらから 0120-198176

電話する

ページTOPに戻る